P

7月 6, 2014
1,092 リアクション
deli-hell-meからリブログ

大学に100人入学したら12人が中退し、13人が留年し、残る75人のうち就職できるのは45人で、3年続くのは31人。いわゆるストレーターは31%。これが日本の平均。偏差値30~40代の大学はもっとひどい。ということを知っていたら、400万円のローンはとても組めない。

— Twitter / 山本繁 (via deli-hell-me)

(otsuneから)

7月 5, 2014
1,269 リアクション
lequinharayからリブログ
lequinharay:


やたらめったら「スキ!」をつけてますね。何もかも「スキ!」なんてありえない。

なんか罵倒されたよ!?

lequinharay:

やたらめったら「スキ!」をつけてますね。何もかも「スキ!」なんてありえない。

なんか罵倒されたよ!?

(monoprixgourmetから)

7月 2, 2014
141 リアクション
tokifujpからリブログ
tokifujp:

この日本…世の中を変えたいんですよ!!
でも、世界はそれを政務不正と呼ぶんだぜぇ!!

- サンボマスター野々村竜太郎

tokifujp:

この日本…世の中を変えたいんですよ!!
でも、世界はそれを政務不正と呼ぶんだぜぇ!!

- サンボマスター野々村竜太郎

(otsuneから)

6月 23, 2014
117 リアクション
otsuneからリブログ

ウチや他社の電子書籍の販売動向から売れないのは予測できていたので、印税計算は半年に1回と頻度を落とした契約にした。が、そのたびに「印税●ひゃくえん」とか。湧いた思いがあるだけに、著者に連絡を入れるのも申し訳ないレベル。

それに当時はまだ電子書籍の印税処理がウチの場合システムとして確立しておらず、担当編集者が半年ごとに各電子書店の売上データをもらってきて手作業で計算、起票しなくてはならなかった。

やたらと手間がかかる。銀行の振込手数料のほうが印税額より多いレベルでそうした計算をしていると、どうしても「不毛な作業」という言葉が脳裏をよぎった。

私は異動になったので、それは後任編集長に引き継いだ。しかし半年に一度のイレギュラーな作業、しかも自分の担当ではなかったとなれば、忘れられてしまう危険性がある。そのため、起票時期になると私がリマインダーのメールを打ったりしていた。

のだが、先日、後任のさらに後任編集長と話をして、絶版にすることにした。つまり、これ以上商品として並べていても、たいした印税をお支払いできるとは思えない。ビジネスとしての展望もない。手間ばかりかかる。

だったら著者の方には今後見込める印税額累計よりは豪勢な食事でも楽しんでいただいて、頭を下げて絶版にしようと。悔しいが、つまりはそうなった。

今は電子書籍を閲覧できる端末も増えているし読者層も増えているので多少はマシだが、当時はそうだったのだ。

電子書籍黎明期には「在庫コストがゼロに近いので絶版がなく、ロングテールで多様な書籍が売れる」とか夢が語られていたわけだが、まあ現実はこんなものだ。

— 編集者の日々の泡:私が担当した電子書籍、絶版にしました (via otsune)

(otsuneから)


355 リアクション
otsuneからリブログ

材料 たまねぎ 半分 にんじん 半分 酢 100cc しょう油 120cc サラダ油 200cc 砂糖 50g すりごま 大さじ6 にんにく 1かけ

作り方 1.すべての材料をミキサーに入れスイッチを押し1分くらい待ちます

— 野菜不足のすべての人に捧げるたったひとつのドレッシングレシピ - ささみんのよりぬきレシピ (via otsune)

(nemoiから)

6月 21, 2014
534 リアクション
coromeganeからリブログ
coromegane:

2014/6/14
ベランダや庭に出るために置いてあるサンダル。
なぜ置いてあるかというと、ちょっと洗濯物を干したりするために外に出る時に、地面に足をついて汚れないようにするためだろう。地面=外=汚いである、と考えると、サンダル=外ではない=キレイなわけだ。
では、もしもそのサンダルがずっと出しっぱなしだったら?地面と同じように風雨にさらされていたとしたら?その場合は、地面と条件は同じになるのだから、サンダル部分も時間の経過とともに「外」になっていくのではないか。
即ち、その状態にまで「外化」が進行したサンダルをはくということは、はだしで地面に立つのと同じ行為ではないだろうか、などと私は考えているのである。
(意訳:ベランダに出しっぱなしにしいてたサンダルの存在を最近になって思い出した)

coromegane:

2014/6/14

ベランダや庭に出るために置いてあるサンダル。

なぜ置いてあるかというと、ちょっと洗濯物を干したりするために外に出る時に、地面に足をついて汚れないようにするためだろう。地面=外=汚いである、と考えると、サンダル=外ではない=キレイなわけだ。

では、もしもそのサンダルがずっと出しっぱなしだったら?地面と同じように風雨にさらされていたとしたら?その場合は、地面と条件は同じになるのだから、サンダル部分も時間の経過とともに「外」になっていくのではないか。

即ち、その状態にまで「外化」が進行したサンダルをはくということは、はだしで地面に立つのと同じ行為ではないだろうか、などと私は考えているのである。

(意訳:ベランダに出しっぱなしにしいてたサンダルの存在を最近になって思い出した)

(nemoiから)

5月 30, 2014
928 リアクション
rocketumblからリブログ

rocketumbl:

白アッシマー

(otsuneから)


2 リアクション
wiwamからリブログ
wiwam:

最高のリラックス時間を味わえる日本の厳選ホテル8つ

wiwam:

最高のリラックス時間を味わえる日本の厳選ホテル8つ

5月 16, 2014
737 リアクション
otsuneからリブログ

●コピー用紙の両面に5-56を噴く

●その用紙をシュレッダーにかけて裁断する

●細断終了後、10秒間逆回転させる

— 編集者の日々の泡:シュレッダーメインテナンスに、安価な「クレCRC5-56」を使う方法 (via otsune)

(otsuneから)

5月 6, 2014
327 リアクション
otsuneからリブログ
otsune:

スポークもハブもない折り畳み自転車「Sada Bike」―タイヤサイズは26インチ! - えん乗り

otsune:

スポークもハブもない折り畳み自転車「Sada Bike」―タイヤサイズは26インチ! - えん乗り

Published with Tumblr and the Infinity theme by Kempstumblr.